上野の森オルガンシリーズ

 

毎年開催しております、上野の森オルガンシリーズ

今年は、”クープラン賛” と題しまして

フランソワ・クープラン生誕350周年記念演奏会を開催致します。

 

 

上野の森 オルガンシリーズ2018
クープラン賛
「フランソワ・クープラン生誕350周年記念演奏会」

10月21日(日) 16時開演 (15時開場) 15:15~プレトーク廣江 理枝・大塚 直哉

東京藝術大学奏楽堂

全席自由:2,000円

 フランス・バロック期を代表するフランソワ・クープラン(1668-1733) は今年、生誕350年を迎えます。音楽家の家系に生まれ、一族の中で最も偉大な人物として「大クープラン」と呼ばれている彼は、10代で伯父ルイ(1626~1661)、父シャルル(1638~1679)の跡を継いで、パリのサン・ジェルヴェ教会オルガニストの地位に着くや否や才能を発揮し、1693年、25歳の年に、太陽王ルイ14世のもとでヴェルサイユ宮殿の王室礼拝堂オルガニストの地位を得ます。以後、彼は宮廷での職務、王家の人々へのクラヴサン教授のかたわら、宮廷作曲家として、優美で豊かな装飾法に富んだいわゆる「ギャラント様式」の楽曲を多数残していきます。  「クープラン賛」と題された今回の演奏会は、彼の作品の大半を占めるクラヴサン曲で始まります。伝統的で先進的な運指法や演奏法に触れた彼の著作『クラヴサン奏法』(1716刊)から〈プレリュード第1番〉~〈プレリュード第5番〉の5作品、そして《クラヴサン曲集第5オルドル》(1713刊)からの2作品です。次に宗教音楽から、ソプラノと通奏低音の演奏で、この時代のフランス宗教声楽曲の「最高傑作」とされている《ルソン・ド・テネブル》(1715刊)。テキストである旧約聖書の『哀歌』は、陥落した祖国の惨状を嘆く劇的な内容を持つものの、音楽には当時愛好された宮廷歌曲「エール・ド・クール」の装飾技法が用いられ、流麗で技巧的な作品に仕上げられています。そして器楽合奏曲から《王宮のコンセール》〈第2番〉(1722刊)。フラウト・トラヴェルソとクラヴサンの演奏です。最後は若い時期に出版されたオルガンのための2つのミサ曲から、《教区のためのミサ》(1690刊)を取り上げます。
大クープランの俗と聖の傑作、どうぞお聴き逃しなく、ご来場ください!

東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻教授・主任 廣江 理枝

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

曲目

フランソワ・クープラン(1668-1733)

 『クラヴサン奏法』より〈プレリュード第1 番〉 ~〈 プレリュード第5番〉
De〈 premier prélude〉 à〈 cinquième prélude〉 《 L’Art de toucher le Clavecin》
 《クラヴサン曲集 第5オルドル》より 〈ラ・ロジヴィエール〉〈クーラント〉
〈La Logivière〉et〈 Courante〉 《 Cinquième ordre de Pièces de clavecin》
クラヴサン:大塚 直哉
Clavecin : Naoya Otsuka

 《ルソン・ド・テネブル》より〈第2ルソン〉
〈Seconde leçon〉 《Trois Leçons de ténèbres》
ソプラノ:野々下 由香里 通奏低音:大塚 直哉
Soprano : Yukari Nonoshita Basse continue : Naoya Otsuka

 《王宮のコンセール》より〈第2 番〉
〈Second concert〉 《 Concert royaux》
フラウト・トラヴェルソ:前田 りり子 クラヴサン:大塚 直哉
Flûte traversière : Liliko Maeda Clavecin : Naoya Otsuka

 《教区のためのミサ曲》より
De《 Messe à l’usage ordinaire des paroisses pour les fêtes solennelles》
オルガン:廣江 理枝
Orgue : Rie Hiroe

 

詳細&チケットご購入方法はコチラから!

美しいチラシはコチラからご覧いただけます。

どうぞお聴き逃しなく!!

ご来場、お待ちしております!!

 

広告