ラファエル・ピカゾス先生特別講座

7月中旬、ラファエル・ピカゾス先生による特別講座が開かれました。

演奏家のための中世音楽入門講座

~13世紀の記譜法と対位法の基礎を中心に~

と題し、中世音楽のしくみや読み方を詳しく学びました。

古楽科では主にバロック時代のスタイルを勉強していますので、

今回は学生にとってもほぼ未知の世界。

とてもいい機会となりました。

当日はプロジェクターやオーディオをフル活用し、3時間みっちり教えて下さいました。

 

ピカゾス氏講座5
先生自ら、古楽科の学生とともに歌ってくださいました。

 

ピカゾス氏講座3
グイドの手についての説明。左は通訳のルドン絢子さん。

3時間という長い時間熱い講義をしてくださり、本当にありがとうございました!

 

ピカゾス氏講座1

 

10/21、上野の森オルガンシリーズ“クープラン賛”の詳細はこちらから!

広告